ついに解禁!順次発送


ついに解禁!順次発送


本場の出石そば!



お得な福袋を今すぐに!











└希少な産地証明タグ付き

└旅館湯楽のお料理でも高評価!

















@matsubagani_asaichihiroba

2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
定休日
2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
 
 ◆セコガニ、コッペガニって何? 



 

「せこがに」「せいこ」「こっぺがに」と地域によって呼び方は違いますが、これは山陰地方の日本海、当店の近隣漁港である津居山港、柴山港などで水揚げされた“松葉かにのメス”のことを、地域独特の呼び名でこう言います。
朝市広場は津居山港、柴山港が地元!
この地域では「せこがに」と呼びます。
 ◆セコガニしか味わえない!これが「内子」「外子」



せこがにの外子(卵)
プチプチした食感で、ハマっちゃう美味しさ!
オスの松葉かににはない、せこがにだけの味わい。

卵の成熟度によって色が変化します。
解禁直後はオレンジ色に近く明るい色をしており12月、1月と経過するにつれ、黒に近くなっていきます。釜茹でする際に塩味が付きますが、味が薄い場合はお醤油をつけてもおいしいですよ!

せこがにの内子(卵巣)
このオレンジ色なのが内子。これが「美味い!」の一言!かにみそもオスにひけをとらない濃厚な味。
内子はセコガニの体内にあり、食べる時に甲羅を開くと出て来ます。多少の当りハズレはあるかも?
でもカニミソと一緒に食べるととっても濃厚!
この旨みを知ってこそ、真のかに通だと言えるかもしれませんね!
 

★ご注文はこちらから★

 
 ◆セコガニの大きさ

大きさはオスの松葉かに(皆さんがよく知っている大きなかには全部オスです!)と比べるとだいぶ小さいですが、味は一級品!
確かに足は細く食べる身も少ないですが、本当に美味しいのはオスの松葉かににはない「外子」と「内子」というものです。なんといっても、これがせこがにの醍醐味!
本当に美味しいからぜひ食べてみて下さい。
絶対ハマりますよ!!!



城崎温泉の老舗旅館“Kinosaki Spa&Gardens 湯楽”の総料理長が津居山、柴山の漁港から当店へ仕入れた獲れたての活松葉かにを、お客様よりご注文が入り次第釜茹でし、お客様の元へ直送致します。
朝市広場のせこがには釜茹でしてお送りしますので、手間もかからずそのまま食べられます。
大満足間違いなしの、大人気商品です。
 

★ご注文はこちらから★
 

ページトップへ