ついに解禁!順次発送


ついに解禁!順次発送


本場の出石そば!



お得な福袋を今すぐに!











└希少な産地証明タグ付き

└旅館湯楽のお料理でも高評価!

















@matsubagani_asaichihiroba

2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
定休日
2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
 
 ◆地元流 カニ料理の作り方!

「刺し」「焼き」「茹で」「鍋」などの料理法でカニを思う存分味わって下さい。
カニは色々な調理法がありますので、料理法によって変わる味わいをお楽しみ下さい。料理からお買い求めになる商品をお選び頂く事も出来ます!

 
 ◆釜茹でガニ


かにの甲羅が真っ赤っか!これはすでに釜茹でした松葉かにです。こちらはプロが大きな釜で茹でたものです。到着後、そのまま食べられ手間がかかりません。
お好みで三杯酢につけて食べて頂ければ結構です。
間違っても鍋に入れたり、焼いたりしないで下さいね!
身が縮んでカスカス・・・美味しくなくなっちゃいますよ!

活かに・生かにをお家で釜茹でしたいなら・・・
1.かにの足を輪ゴムでしばって下さい。(冷凍のかには水で解凍してから)
2.大き目の鍋にたっぷりと熱湯を沸かし、塩を入れて下さい。(海水程度の辛さでOK!)
3.鍋の中にかにの甲羅を下にしてかにを入れ、蓋をします。
4.待つこと30分。釜茹でかにの出来上がり!
注意・・・甲羅のないかに足は7分前後で十分です。
おっと!忘れてました!
活きたかには注意して下さい。活きたかには茹でる前に大き目のボールに真水をたっぷり入れ、30分程度かにをつけてから鍋に入れて下さい。そうしないと、元気の良いまま熱湯につけると、かにがビックリして足がバラバラになってましますので、要注意!

 
 ◆かにすき鍋


当店のかにすきセットには「特製かにすきのダシ」が付いていますが、無い場合。

1.かつお、昆布などでダシをとり砂糖、醤油、みりんで味付けしたダシを作ります。
2.ダシの中に生のかにを入れます。
3.かにが赤くなってひと煮立ちすれば十分です。

白菜、しいたけ、ねぎ、豆腐、くずきりなどの鍋の材料と共にダシの味で食べて下さい。これが本場の味!
こちらもかにを煮すぎると身が縮んでしまうので気を付けて!

 
 ◆かに雑炊


かにすきの〆はなんと言っても、かに雑炊!

1.鍋の中身をすべてボールに移しダシだけにします。
2.白飯を水洗いし鍋の中に入れ、蓋をしてひと煮立ちさせます。

3.溶き卵を入れ火を止め、待つこと3分。かにのだし汁で作った、最高のかに雑炊の出来上がり!

お好みでねぎ、のりをかけてどうぞ。
隠し味にかにみそを入れれば更に風味が豊かになりますよ!

 
 ◆かにしゃぶ



 

一般的なしゃぶしゃぶと同じです。

1.かつお、昆布でダシをとる。
2.生のかにをさっと熱湯にくぐらせる。
3.ポン酢で食べる。


これが一般的かな!?
 ◆焼きがに 


 

味付けは塩のみ!
ご家庭に七輪があればそれで焼くのも良いですが、家庭にあるホットプレートで簡単にできますよ。

1.生のかにの殻をそぎ、塩をふる。
2.ホットプレートで焼く。

きれいにおいしく焼くには、焼くときホットプレートの中に水を少し入れ、蓋をすること!焦げにくく、身もとれやすくなります。私もよくするのが、お好みでバター焼きなんてのもいいですね!

 
 ◆かに刺し



 

新鮮な活けかには、ぜひ「かに刺し」で!

1.かにの足を切り落とし、水でさっと洗う。
2.包丁で切れ目を入れて、手で殻を取ります。
3.よく冷えた氷水につけ、身の花が咲いたら出来上がり!


こんな贅沢はありませんね!
 ◆かにみそ


松葉かにのかにみそは、生では食べられませんよ!
火を通して下さい。釜茹でしたかにのみそは、もちろんそのまま食べられますが、生のかにみそは色んな食べ方があります!
手軽なのは、鍋をした後かに雑炊をする時、ダシの中に入れちゃって下さい。風味が出て、さらに美味しい雑炊になります。

またオススメのかにみそは、釜茹でセコガニのものです。
みそをたっぷり味わいたい!という方は、セコガニをおすすめします。セコガニのみそは、内子とのハーモニーが最高ですよ!

生のかにみそを料理して食べたいなら・・・
1.甲羅の中の生のかにみそだけを鍋に取り、酒、みりん、そしてご家庭にある市販の味噌をスプーンに一杯ずつ入れて混ぜ、火にかけます。
2.ゆっくりかき混ぜながら、少し固めになるまで煮込んでください。
3.これで完成!
そのまま食べても良し、ご飯にのせて食べても良し。これがおいしいんだぁ〜(^^)

ページトップへ